預言 83 - 私YAHUVEHが言うのに"準備しなさい、終わりが身近に来てる"
« Original English version full graphics | text only » « More prophecies in foreign languages »

預言 83

私YAHUVEHが言うのに"準備しなさい、終わりが身近� "



“おぉ私の愛するウリムよ、いくら待たなければならないか”

[YAHUVEHよりElisabethがどうしてその方のウリムとして呼ばれたかを説明した預言76番を読んで見てください。]

私はアブラハムがロッのために体を張って防いだようにYAHUSHUAの新婦が全身をつくして阻むように承諾してり。君逹が思うのに私がいくら待たなければならないか。どんなに私がおちゃらかされてどんなに私の名前が笑い物になって私を現わす私の神々しい者等がどうやって秘方を受けるのか。どんなに彼らが私のために全世界で殺されたか。ただ私が今までそういう事がアメリカで起きることを許さなかったからどれだけの者等が当たり前なことだと思ったか。今私が君逹にいうのに終わりが身近に来たので新しい祈りをしなさい。

これがなぜ新婦がこのブリムゾルに私の前に出なければならないか、私の前で私の目の前で神々しくなければならないかに関する理由である。これがなぜ私が“YAHUSHUAよ、お前の新婦を点としわなしに準備させなさい。これは私の目の前に悪はもっと悪しくなって神聖はより神々しくなるからだ”と言った理由だ。私の目が特別にこのブリムゾルにあちこちを行ってきた。キリスト教教会と呼ばれる所でさえこの神々しい節季に関して何らの言及がなかったし、また何人はこっそり過ごしただけだった。

私がお前を通じて生んだこのミニスツリーはモルドケの血統の重要な意味とエスダの従順を人々に教えた。今私が新婦に与えなければならない新しい命令をお前に与える。あざ笑うとかおちゃらかす者等を心配しないで。彼らの顔を向けて見ることに関わるな。お前はひたすら従順ばかりしなさい。これが私が言わなければならないことである。

私YAHUVEHがYAHUSHUA ha MASHIACHの新婦に命令するのに今日二人の証人のために祈りなさい。 二人の証人のために祈りなさい。これは私が私の中にいるその二人の証人を確証するために天使たちを送る時間がオおぉ。とても早く来ている。サタンが二人の証人の命を何回も狙った。YAHUSHUA ha MASHIACHの新婦があることと同じくサタンの新婦がある。このミニスツリーは彼らを何回も会ったがそれが分からなかった。そういう復讐心でお前を憎む者等がいる。むしろサタンの手に持たれた200人の巫子たちが私が響きで呼んだお前を対敵して祈った。[注: アフリカでブリムゾル間200人の巫子たちが集まって註文と呪いを浴びせたということがニュースとインターネットに載りました。]

ところが私がYAHUSHUA ha MASHIACHの新婦にてお前を保護しなさいと言ったから彼らの攻撃は完遂されることができなかった。二人の証人がこの地球を発つ前に二人の証人が初実でヒュゴされる前に彼らは彼らが私の中にいるというのが分かるようになるのだ。私がYAHUSHUAのすべての新婦に命じるのに私が二人の証人と呼ぶ人々のために今祈りを始めなさい。見ろ、私YAHUVEHが世の中に秘密を一つ言う。見ろ、私が新しい事をする。二人の証人中一人は男でまた一人は女だ。

君たちの男たちがおちゃらかしてあざ笑ったから全イスラエルを審判する時、ドボラを持ち上げたことと同じくやっぱり私がまったく同じく持ち上げるはずでそれが予定されていたことのように一人はモセに下された霊にまた一人はエリヤに下された霊で来る。しかし、彼らは相変らず肉体の中にあるから攻撃が彼らにずっと続くだろう。

私YAHUVEHがYAHUSHUA ha MASHIACHのすべての新婦に命じるのに君逹が今から言うすべての祈りとして二人の証人を保護しなさい。彼らが肉体でいるうちに彼らは神聖な肉体であるはずだ。彼らがもっと大胆に叫ぶはずで彼らのかたきらは彼らの目まん前で滅亡するはずだからだ。旧約のエリヤが祈ったようにその二人にも同じ油注ぎがあるだろう。かたきらはYAHUSHUAはマスィアックの新婦がここにいるというのが分かるようになるので恐ろしいことですくむはずだからだ。この神々しいブリムにそういう事があるだろう。私が君逹に終わりがいくら身近に来たのかを見せてあげる。これは私がもう君逹にこの世の中にいる二人の証人を保護しなさいと言っているからだ。そうだな。二人の証人がもうここにいるが彼らはあまりにも謙遜だ。彼らは“確かに私ではありません。もしそうだと言っても私は分かりたくありません”と言う。

私が君逹にこれを言って私が知っている二人の証人に言う。君逹はこの世の中から酔われる前に分かるようになる。君逹は栄える身に帰って来るようになる。君逹は泣き喚きの壁だと呼ばれる所に立つようになる。火炎が君逹の口から出て火が君逹のきびすから出るようになり君逹に宣布しなさいとしたことを宣布するようになるだろう。そしてどんな男や女や魔鬼やお化けも立てなくなる。すべての創造物の王であるやアバYAHUVEHガYAHUSHUA ha MASHIACHの新婦に命じるのに祈りなさい。

これを憶えなさい。彼らが彼ら自分が誰なのかを悟るようになる時、君逹はこの世の中でことがそのような方法で起きることを見る。だからすぐ今YAHUSHUAの新婦よ、彼らが私が彼らに下った油注ぎを信じてもらえるように祈りなさい。これを憶えなさい。一人は女でまた一人はお男であるのを。君逹がすべきことをしてその仕事を迅速にしなさい。再度いうが、私が君逹にしなさいと与えた仕事をしてそれを迅速にしなさい。

君たちの金と銀を積んだ者等よ、私が宝石に祝福した者等よ、君逹に行われる何が有益だっか。それらがいつ残されるのか。私が金銭的にまたすべての方法で豊かに祝福したけれども君たちのYAHUSHUA ha MASHIACHの新婦の中で何人はこのウルリムに手紙を書いたこともない。君逹は隠密な知識で成長したし君逹が積んだすべての知識と油注ぎで霊的に太った。君逹は分けなかったが私は君逹に不足なしに与えてた。私は君逹が天国のためにしたことに責任を問うつもりだ。

旧約のエリヤを憶えるのか。私が彼をサルバッのやもめに送った。そこには非常に多いやもめがいたが私は一人を選んだ。誰をこのミニスツリーに送ろうか。私が誰を新しいエリヤに送ろうか。君逹は彼らに何をしたか、また君逹は私に何をしたか。私が君逹にこれを言う。私YAHUVEHは君逹にこれを言う。どんな方法でもこのミニスツリーに私のウルリムに害を与えたり触れた者等は私YAHUVEHの目を鋭くて尖ったような棒で触ったり差しこんだことと違わない。私は復讐をするつもりだ。君逹は私の震怒の汁のフレームに入るだろう。私は君逹を七方向にこなごなにするつもりだ。私が君逹を心と身と霊と魂を含むすべての方法でこなごなにする時、彼らが皆聞くようになる(啓示80)。

私が警告しただろう“私の油注ぎを受けた者を触れずに私の予言者たちに何の害も与えるな。” 君逹は君逹の言語がこんな呪いの言葉を言うのを差し引いたと思うが君逹は私が私の目に善と呼ぶことを悪と呼んでいる。私は君がそんなくそみたいなものを言わせる前に私が君逹の口を切り捨て欲しいと君逹が望むようにする。ところがこのミニスツリーを受け入れる者等、こちらの真理を受入れる者等、このウルリムを受け入れる者等である君逹は私が受け入れる。これはこのウルリムが単なる女ではなくてただ女ではないからだからだ。このウルリムは私YAHUVEHが私の真理を言うようにした器だ。だからこの真理を受け入れる君逹を私が受け入れる。

私YAHUVEHをおちゃらかしてあざ笑った者等は君逹を拒否するだろう。エスダをまた読んで見なさい。 私はそので王に象徴された。君たちの中でどれだけ多い者がワスティみたいなのか。君逹は君逹がとても美しいと思う。君逹は私YAHUVEHが来なさいと言う時、行く必要がないと言う。それで私は君逹を追い払った。君逹は私の王国に入れない。エスダ王后よりもっと偉い重宝者がいる。まさに私の息子YAHUSHUAイニだ。私が君逹にこれをいうのでおぉ強いYAHUSHUAの新婦よ、私が君逹に悪いことは許さない。詳らかに記録されている記念本があり君たちの皆の名前の愛の中に記録されている。君逹はただ神々しくなるためたくさんの苦痛を経験した。だから私は君逹にとって私が君逹をいくら愛するのか分かるのを願う。君逹を私の息子の新婦に選んだのは私だ。君逹を私の息子の新婦に選択したことはまさに私YAHUVEHイだ。

[憶えてください。YAHUSHUAの新婦は女のみを意味しない。点としわがなくて従順で行う男たちと女達としてヒュゴになってYAHUSHUAとともにいるようになるでしょう。新婦一つで思ってくださいますよう祈ってください。]

私の音声が分かる者等である君逹はおっしゃる聖霊を悟るようになる。君逹はまことに私の幼い羊である。君逹はまことに私の幼い羊だ。“この女はElisabethであるだけで驕慢一杯だ。”と言う君逹には私がこれを言う。私の軽蔑する者は他でもないあなたたちである。私が後日、君逹にとってこのミニスツリーを私が愛するということが分かるようにしてまたこちらの言葉を受けてこの地球の四つ角で伝えるすべてのミニスツリーたちよ、私が愛する人がまさに君逹で私の愛する人がまさに君逹で君逹が私の聖書に保存した真理を受け入れたように私の受け入れる人はあなただ。敢えてどんなに誰がこの啓示が偽りだと言うのか。このように言う君逹は私の息子の生きているお話ではなので私の息子YAHUSHUAが偽りだと言うのか?

私から退きなさい。私から退きなさい。君逹はこちらに属するさえできない。晩餐食卓と真理の宴に座るのを願う者等だけが霊的食べ物を取りこちらに属する他の人々を食べさせるのである。これが私の命令だ。これが私の天国補佐から出る命令で私はこれを今日言う。[晩餐食卓の夢を読んで見てください。]

YAHUSHUA ha MASHIACHの新婦よ。よりたくさんの祈りとしてこのミニスツリーを保護しなさい。 よりたくさんの祈りとしてこのウルリムを保護してNikomiaを保護しなさい。また響きとNikomiaが君逹に福になったように君逹も彼らに福になりなさい。そうではなければ私が君逹にいつかこのように問って見るからだ。どうして君逹は彼らに福にならなかったかと。私が二人の証人と呼ぶ人々を保護しなさい。YAHUSHUA ha MASHIACHの新婦に君逹が私を求めて信じたら私は君逹に返事する。私は私が二人の証人と呼ぶ人々に関してよりたくさんのことを君逹に明らかにする。彼らは君逹の保護が必要で君逹の祈りを必要とする。彼らが肉体であるうちにサタンは私が言った真理を黙せるために彼らの命を取ろうとうかがっている。だから君逹の祈りで彼らを保護しなさい。

私YAHUVEHは今日ブリムにYAHUSHUAの新婦が私の前に出て来て祈るので本当にうれしい。その祈りが私に甘美な香に近付いた。天使たちが甘ったるい香りをもっての祈りを開いたし私がまことに嬉しかった。それがどうして私がもっと多い慈悲を施したのかに関する理由で私が言ってり“私がいくらより長く手間を取るのを願うのか ”しかし、終わりが近かった。啓示78が解ける時、封印の一つが開かれられる。私が隠しておいたことをElisabethが言う時、この世の中に災いがあるだろう。おぉ、しかし私のYAHUSHUAの新婦よ啓示録7章と14章の新婦である人君たちは恐れる必要はない。幼い羊の結婚披露宴に招待されたすべてのお客さんたちよ、君逹がYAHUSHUAのために苦痛を受けなければならないということは事実だ。おぉ、しかし君逹のいただく補償が来ている。

今すぐYAHUSHUAの新婦が持っている武器は霊的な領域にある。ところが私が君逹にこれを言う: 王が命令を与えたように君たちの武器を取り上げて君たちの自分を防御しなさいと言ったように大患乱でこのような事が再びあるが啓示録14章の新婦のためではない。これがどうして私が彼らをこの世の中からまた取り戻そうとすることに対する理由で二人の証人は彼らの中にある。そして彼らはまた帰って来るようになる。

おぉ、しかし啓示録7章の大切な新婦である君逹はもう封印された。誰も君逹を害することはできない。君逹が武器を取り上げて防御してお客さんたちがサタンとサタンの切符を受けた者等と争うことを助けるようにする時間があまり残ってない。そしてから君逹は“キリストの中で死んだ者等が先に起きて”と言ったお話を聞く時、栄える身で集めるようになる。君逹が私がもう言ったとおりキリスト(クライスト)という言葉を学んだ唯一の理由だ。これらはYAHUSHUA ha MASHIACH中で死んだ者等で二人の証人とその時に殉教するものたちだ。二番目のヒュゴがあり啓示録7章の新婦とともに異邦人たちの目の前で取り上げられる。YAHUSHUAの新婦のために何種類かの秘密が予備されている。

残りものでおちゃらかしてあざ笑うようにしなさい。これは今日私が君たちの前にこしらえた晩餐食卓だ。霊的な耳を持った者等は聞くようになろう。残りは皆つんぼになる。霊的な目を持った者等は見るようになろう。残りは皆盲人になる。これは創造物の王である私YAHUVEHがこの日神々しいブリムに言うことである。

私YAHUVEHガいうのに愛する者等よ準備しなさい。終わりが近づいた。私がElisabethを通じて何年前ペストを啓示したようにそれが私の震怒の表示で来る。私が今これを私のウリムから言う。それはもう解けた。始まった。この疾病は潜伏段階にあってどんな治療剤もない。

しかし、私の愛する者等よ、私の前に神々しいことに決心して神々しく暮しながら私YAHUVEHとYAHUSHUAを生に一番重要に置きながら愛して最善をつくして聖書のお話に順従しようとする君逹にはペストが近付くことができない。旧約時代にモセがペストを解いたようにまったく同じである。 RUACH ha KODESH(聖霊)の油注ぎの下で言われる。ペストがイスラエルの子ともたちには近付くことができなかったしただ他の神さまを敬排しながら仕えたエジプト人にだけ近付いたようにまったく同じく繰り返される。

モセの日々と一緒にまったく同じく繰り返されてロッの日のようにまったく同じく繰り返される。 今までも悔い改めるのを拒否する罪人たちには今日が救いの日である。最後のチャンスのミニスツリーから出るこの言葉を読んでいる者等よ、明日はあまりにも遅れるかもしれない。何を待つのか宗教は君逹を救えない。ただYAHUSHUAと私YAHUVEHと共に神々しい愛と順従する関係だけが君逹を救える。君逹はただYAHUSHUA ha MASHIACHの血と名前を通じて天国に帰えられる。幼い羊の結婚披露宴に招待されたすべての者等よ、私が君逹に警告する。大患乱の時にサタンの本当の息子であり滅亡の息子である敵クリストと呼ばれる者が来て彼が来て全世界すべての族属と言語に知られていてクリスチャンたちが分かって愛する名前である‘イエスクリスト(ジーザス・クライスト)’というにせ物名前を使うのである。

[とても重要です。次の文を注意深く読んで見てください。]

気を付けなさい。相変らずイエスキリストの名前で魂たちが救われ奇蹟と利敵と奇事が行われている。恐れるな。しかし、まだ終りではなかったし君逹はただ君逹が学んだことに責任を負った。 私YAHUVEHが‘イエス(ジーザス)’という名前を栄えるようにしたし油を注いた。ところが私の息子YAHUSHUAは彼のユダヤの母によってユダヤ名前をもらった。そして私は彼の父だ;彼の名前は私の名前であるや(YAH)を含んでいる。‘イエス(ジーザス)’という名前はすべての名前の上にいる私の神聖な名前をつぶしてしまった。私の名前はYAHUVEHイニだ。そしてYAHUSHUAという名前はすべての言語が‘や(YAH)が救う!’ということを永遠に憶えるように現す。父の名前後に息子の名前を作ることが君逹の慣習ではないか。君逹は君逹の空の父が同じ事をすることがどうして違うと思うのか。私YAHUVEHと私の息子YAHUSHUAが一つだということは君逹が永遠に憶えなければならないことだ。

や(YAH)という名前を恐れることはサタンと彼の種たちだが私は私のお子さんたちの愛する心が分かる。むしろ私は君逹が安息する日である私の本当に安息日を犯しても許した。それは4番目の啓明を繰り返しに破ることだったがこれ以上私はこれを許さない。もう君逹は君逹が分かることに責任がある。また君逹は他の人々に警告しなければならない責任がある。ユダヤ名前YAHUSHUAの名前と私の名前YAHUVEHにもっと大きい神聖な油注ぎがある。もう終わりが近かったし私は君逹が今真理として分かっていることを他の人々に教えるように警告する。私たちの神々しくて神聖な名前にもっと大きい油注ぎがある。その名前を使いなさい。これ以上の言い訳はできない。大患乱の間、君逹は私の息子のユダヤ名前であるYAHUSHUA ha MASHIACHを唱えなければならなかろう。私の息子の名前の中にある私の名前であるや(YAH)はすべての名前の上にある。

君逹がこれを今学ばなかったら大患乱で救いと治癒のために祈って“イエス”という名前を使う時サタンの息子が自分を神様だと言ってこの名前を使うようになるということを憶えなさい。サタンの息子が使うようになる同じ名前を使うことでどうして治癒を受けて救いをもらって祝福を受けるようになるか期待することができるのか君逹はサタンの息子を呼ぶようになるはずだがそれを分からないだろう。大患乱でサタンの息子が敬排を受ける日を区別しておくはずなので日曜日になるだろう。日曜日敬排が強制されて全世界的に君逹が住む所にある近い日曜日教会に行きなさいと命令受ける時、気を付けて行くな。

それはサタンの息子の計略だ。大患乱の時に日曜日教会に参加する者等は誘惑の門に入って行くようになることで他の多い力強い悪霊の間に惑いの霊と心の調整と偶像崇拜と反逆で虜になる。今彼らに警告しなさい。彼らはけだものの切符を受けるようになる不潔な教会に入ってけだものを敬排するように選択され霊的な切符と同じく肉体の切符も受けるようになる。今人々に警告しなさい。 あまりにも遅れる前に。

これは今すべての日曜日教会が悪しいということを意味しない。しかし君逹が今最後の時にあまりにも近づいた。君逹は牧師たちが失敗している教会の人々に警告しなければならない。君逹は私YAHUVEHと唯一のメシアである私の息子YAHUSHUAの神聖なユダヤ名前と人の罪をことわるために流した補血の真理を教えなければならない。私はどんな血の犠牲制も受け入れない。そしてどんな重宝者も君逹のために重宝することができない。それは大人と呼ばれる死んだ人々も含む。むしろYAHUSHUAの母であるマリアも重宝者ではない。これは彼女もYAHUSHUAが彼女のメシアとして必要だからだ。

YAHUSHUAの新婦の中で誰かが日曜日教会に参加しなければならない理由がこれである。一回にただ一人でも羊と幼い羊たちに牧師たちが断る真理を教えるためだ。良い知らせがある: 幼い羊の生命の本に記録されて予定されている私の愛することもたちとまったく同じくサタンの呪いの本がある。

YAHUSHUAはこの世の中が創造される前に生命の本に記録された名前を持った一人の魂でも失わない。君逹は故意にけだものの切符を許容して受けるのはできない; 君逹はそうすることが分からないことですそのようになる前に死ぬ。

ただ本当に治癒と標的と利敵と奇事と復活は天国から来る。他のどんな治癒と救いは惑いである。 そして大患乱の間、真理で見えるものの実際は偽りである惑いがサタンの補佐からある。今すぐ学んで他の人々に警告しなさい。大患乱の時にはキイエス(ジーザス)の名前ではないただYAHUSHUAの名前で救いと治癒と復活の歴史が出よう。‘キリスト’を愛して仕える者等は今どうして彼らの祈りが回答を受けることができないのか。彼らの信頼がどうして苦痛を受けなければならないか。どうして彼らの信頼のために死ななければならないか疑問に思うでしょう。救いがどうしてその名前(イエス)から出ないのか理解することができない。

彼らに今警告しなさい。それでこそ彼らがユダヤ名前であるYAHUSHUAとYAHUVEHとスィキニヤ(RUACH ha KODESH: 聖霊)の名前を使うことに慣れる。サタンは私の名前や(YAH)が入っているYAHUSHUAの名前を模倣することを願わない。この言葉を聞く幼い羊の結婚晩餐にお客さんになる数百万の君逹に福があるでしょう。しかし、君逹は大患乱の一部を見たり全部を見るようになる。君逹の目は恐怖を見るようになる。これを憶えなさい。私の震怒は君逹に決まっていないで私のかたきに決まっている。

神々しくことして妥協しないでね。そしてYAHUSHUAの神々しい名前を呼んで彼の能力と油注ぎによって君逹の信頼を堅たくつかむ。これはそれが易しくないからだ。君逹を洗脳させようとする精神的な波動が空中にある。その時のために武器に使うように今聖書のお話を学びなさい。これは聖書が禁止されるからだ。ところがサタンまでもすべての聖書を燃やすことはできない。

YAHUSHUAは天使たちと啓示録7章の新婦と14章の新婦と二人の証人にとってお客さんたちがどこにいるのか分かるようにして必要な時、彼らを助けるようにする。二人の証人はお客さんたちを保護して彼らのために仇を討つ。私の本当に安息日を学びなさい。私YAHUVEHが私すべての創造物の王が休むことをための安息日を区分しておいたまさにその日、私を栄えるようにする者等を特別に保護して福を与えるからだ。YAHUSHUAがこの世の中で標的と奇蹟と奇事を安息日に行ったように大患乱でも特別に私の安息日で私の神々しい日にRUACH ha KODESH(聖霊)の油注ぎの下でYAHUSHUAの名前でまったく同じく行われる。

私がまだ言わなかった秘密がある。私創造物の王とYAHUSHUAを真実で愛しながら敬排しながら仕えるどんな者でも捨てるとか去って送らないだろうと言うことを分かりなさい。私の名前を学びなさい。その名前はYAHUVEH永遠な者だ。YAHUSHUAは私の息子だ。YAHUSHUA ha MASHIACHは君逹を故郷で導く道でただ君逹の救援者でただ一つだけである。この啓示の言葉をおちゃらかしてあざ笑うすべての者等よ、君逹は私YAHUVEHの口から出てこのウルリムに下された険しい道を学ぶ。この世の中にいる私の羊たちと幼い羊たちよ、この言葉を連鎖反応のように受け入れてこれを世の中に鳴らすようにしなさい。君逹の牧師たちが幼い羊と羊に飢えたからできれば選択された者までも惑いあう。君逹がこの啓示を読む時、君逹は嬉しく参加して神々しい霊蹟な食べ物を食べる。

この言葉を否認するすべての者等よ、君たちが‘キリスト’を愛すると主張しても神聖なユダヤ名前と安息日と神々しい日と引きずって行くのに関して知るのを断る。君たちはこの霊的食べ物を食べられる霊的歯牙がほしくないから牛乳のみをずっと飲まなければならな。大患乱の時に君逹は憶えるようになろう。何を読んだのかを。そして何人は悔い改めるはずでこのミニスツリーがまことに天国から送られたことが分かるようになろう。私の愛する子ともたちと新婦と選択された者等と選び受けた者等よ、上を見ろ。君逹の拘束がが近づいた。どのようにしても君逹は天国にある家にまた帰って来るようになる。

2006年 3月 15日神々しいブリムにお話を受けて記録されました。

YAHUVEHとYAHUSHUAのこのウルリムに下されました。

使徒Elisabeth (Elisheva) Elijah

* * * * * * *

 
翻訳の備考:

三位一体の名前: